望む手術を用意してくれる眼科を選ぶ

視力検査機

まぶたが下がって日常生活に悪影響を及ぼす眼瞼下垂は手術を受ければ治せますが、受けた方の満足度がさまざまなのが気になる方もいるでしょう。たしかに、『よかった』という方もいれば、『後悔した』という方もいるのが現状だといえます。それは、自分が眼底下垂の手術にどのようなことを望むのかによって変わるからです。例えば、とにかく視野を確保できればよいと考えるのなら、安くて早く社会復帰ができる眼科がよいでしょう。しかし、視野の確保と見た目を望むのなら、技術力が完璧な眼科を選ばなければいけません。自分が望むものを用意してくれない眼科を選んでしまうと、手術後に不満を感じてしまう可能性があるのを知っておきましょう。

自費治療も考えよう

目元

見た目をとにかく優先したいのなら、自費治療を行ってくれる眼科を利用するのも賢い手段だといえます。普通の眼科で眼瞼下垂の手術を受けると、治療費が三割になる方法を提供してくれます。しかし、保険を適用できる方式は決まっているため、見た目の要望をすべて叶えてくれる手術をしてくれるわけではないのが難点です。しかし、自費治療ならば、保険に縛られることはないため、見た目のことだけを考えた手術を受けることが可能になっています。

理想のまぶたのために情報収集を

医者

眼瞼下垂の手術は何度も受けるようなものではないため、初めて手術を受ける方がほとんどでしょう。もしも、眼科選びに困っているのなら、とにかくインターネットで情報を集めるようにしましょう。後悔したときは手術を受け直すことが可能ですが、手間や時間がかかるので、できる限り避けたほうがよいです。インターネットできちんと情報を集めたうえで、眼科を選べば、一回の手術で納得できるまぶたになれる可能性が高いでしょう。

手術のことについて知ろう

女性

不安なく手術に挑みたいのなら、術前と術後の行動をしっかりと説明してもらいましょう。前日にやっておくべきこともありますし、手術を受けてからしばらくやってはいけないこともいろいろとあります。手術日が決まってから教えてもらっては、いろいろと不都合があるかもしれないので、できる限り早めに教えてもらうことをおすすめします。もちろん、眼瞼下垂の手術を行う当日の流れもスタッフからきちんと説明してもらえるので頭に入れておきましょう。ちなみに、眼瞼下垂の手術はそれほど難しいものではないため、必要以上に不安になる必要はありません。緊張してしまうと手術に悪影響を及ぼすことがあるので、リラックスして挑みましょう。

広告募集中