めまいや頭痛の原因になることも

視力検査

若い頃と比べてまぶたが下がってきたとハッキリと感じるのなら、眼瞼下垂という病気になっているかもしれません。しかし、まぶたが下がるのが病気だというのは納得できずに、治療するのを躊躇するかもしれません。しかし、見えづらくなるだけではなく、めまいや頭痛を起こす原因となるので立派な病気といえます。病気ということは目のスペシャリストの眼科を訪れれば、きちんと治療してもらえるので、症状に悩んでいる方も安心しましょう。もちろん、眼瞼下垂という立派な病気なのですから保険を使った治療が行われるため、多くの方は三割の負担で下がってしまったまぶたを元通りにしてもらえます。

即決する必要はない

女性

眼瞼下垂を治療するためには、下がってしまったまぶたを上げる必要があるので、薬を該当箇所に塗るなどの治療では不十分です。そのため、ほとんどの場合は、まぶたを上げるための手術を行うことになります。どのような手術が行われるのかは、眼科で説明してもらえるので、納得できるまで話を聞きましょう。眼瞼下垂がもたらす症状は命に関わるものではなく、ゆっくりと考えることが可能なため、手術を即決する必要はまったくありません。

技術力のチェックをしよう

女性

完璧なまぶたを求めるのなら、手術を受ける眼科をきちんと厳選したほうがよいでしょう。保険が適応されるということは、どこの眼科でも同じような手術が行われますが、それを行うドクターの技術力は同じではありません。同じではないということは見た目にも影響があるので、眼科の厳選は大切なのです。現在ならば、眼瞼下垂の手術が得意なドクターがいる眼科は、インターネットを活用すればすぐに調べることが可能なので検索してみましょう。

広告募集中